水虫は完治できるのか

一昔前には、「水虫になってしまったらもう治らない」「水虫の治療薬が発明されればノーベル賞ものだ」などと言われていましたが、今では新薬の開発で完治する病気になりました。


完治させるためには、根気よく治療を続けることが大切で、見た目がきれいになったから、かゆみがなくなったからと勝手な判断で薬をやめてしまうと再び症状が出始めてしまいます。


足や頭などの皮膚にできる場合には、水虫に効く塗り薬を使って治療を行ないます。


塗り薬を使っての水虫治療は症状が治まってからも更に最低でも1ヶ月程度は塗り続ける必要があります。


足などの皮膚にできる水虫よりも塗り薬の効果が現れにくく、治療がしにくい爪水虫でも塗り薬と内服薬を併用して治療を行なうことで完治することが可能となります。


しかし、爪水虫は爪がすべて生え変わってしまわないと治らないため、治療の期間は6ヶ月ほどかかってしまいます。


完治させるには、本人の水虫を治そうという強い意志と根気が一番大切だといえます。


完治には必要な内服薬ですが、人により副作用が現れることもあるため定期的に医師の診察や血液検査を受けながら治療を行なう必要があります。


ストレス解消やリラックス効果、不快な症状の改善効果などがあるとして多くの人が利用しているアロマテラピーですが、実は、水虫の治療に対しても効果のあるアロマがあるのです。


アロマだけで水虫の治療が行なえるというわけではありませんが、普段から行なっている外用薬、内服薬の使用と平行してアロマオイルを利用してみるのもいいでしょう。


治療に用いるアロマオイルはティートゥリーやラベンダーなど殺菌作用の強いものを使い、直接、水虫の菌を除去していきます。


アロマを利用した足水虫の対処法方は簡単で、洗面器などにお湯を入れて3滴ほどティートゥリーオイルを落とし、10分ほど足をつけておくだけです。


その際、濡れた足をそのままにしておくと、水虫の好む湿った状態になってしまうので、足浴を行った後はしっかりと水気をふき取り、患部を乾燥させましょう。


足浴だけ行なう時間が取れない場合にはお風呂の中にティートゥリーオイルを3~5滴落として入浴することでも対策になります。


その他、特に乾燥してしまったかさかさ水虫には、ティートゥリーとラベンダーを1滴ずつ5mlのホホバオイルに混ぜて、綿棒でアロマオイルを直接患部に塗布するという方法が効果的です。


WEBサイトの紹介
水虫ちゃんねるは皮膚科専門医によるホームページです。
洗顔石鹸でおすすめの商品を紹介しているページです。
コラーゲンのランキングがわかりやすく掲載されています。

Copyright © 2012-2014 水虫についてのあれこれ. All rights reserved